診断から治療まで

最新機器と経験豊富な医師で
包括的な診療を行っています

消化器内視鏡センターの特徴POINT

  • 患者様ひとりひとりに
    合わせた治療
  • 苦痛の少ない検査
  • 低侵襲治療

患者様ひとりひとりに合わせた治療

2023年12月1日より、日本消化器内視鏡学会の指導連携施設として認定を受けております。学会指導施設としてJED (Japan endoscopy database)プロジェクトにも参加しています。
がん研有明病院や国立がん研究センターと診療連携を行っています。また、当センターへの医師派遣についても東海大学医学部や埼玉医科大学と連携しております。
当センターで行う診療は、食道、胃、十二指腸、結腸・直腸の消化管疾患の内視鏡診断・治療 (止血治療, CSP,EMR, ESD)、待機的食道・胃静脈瘤硬化療法、胆道系処置術(内視鏡的結石除去術、内視鏡的減黄術)、腫瘍狭窄ステント拡張術や内視鏡的胃瘻造設術等です。

苦痛の少ない検査

当センターでは、鎮静剤を使用した内視鏡検査も実施しています。患者様に合わせて鎮静剤を使用し、なるべく苦痛を感じ無いように眠っているような状態で胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査をお受けいただけます。
また、鎮静剤を希望されない場合も、患者様の訴えを聞きながら、苦痛の無いよう努めさせて頂きます。胃内視鏡検査は、経鼻(鼻から)・経口(口から)希望に合わせた検査が可能です。
口から行う胃カメラ検査も、患者様の負担をなるべく軽減する為、細経スコープ(細く柔軟で咽頭反射の少ないスコープ)を採用しております。細経スコープは食道・十二指腸など管腔の狭い部位や狭窄箇所での処置も可能であり、病変の切除や止血処理など高度な技術にも対応できます。

低侵襲治療

当センターでは、低侵襲治療法で、患者さんの体にかかる負担をなるべく減らし安心して治療に臨む事が出来る環境を整えています。
低侵襲治療は、内視鏡を挿入して内視鏡の先端から、病気が疑われる部分の切除や観察を行います。外科手術のように体の表面にメスを入れる手術ではないので、身体的にも、そして精神的にも負担の少ない治療方法です。

当センターの設備・機器紹介

高性能画像解析機能を搭載した最新の内視鏡機器と、画像ファイリング装置(NEXUS)にAIを附設した内視鏡システムを導入し、診断から治療まで包括的な診療が行えるセンターを確立しています。

こんな症状・疾患がある方TARGET DISEASE

胃のお悩み

  • 胃が痛い
  • 胸がむかむかする
  • 胃が気持ち悪い
  • 胃に違和感・不快感がある
  • みぞおち部分に痛みがある
  • 右側の肋骨あたりに痛みがある
  • おなかに痛みがある
  • お腹の下あたりが痛い

大腸のお悩み

  • 便に血が混じっている
  • 便潜血検査で陽性になった
  • おなかが張っている
  • 慢性的な便秘に悩んでいる
  • 便が細くなった
  • 下痢が続いている

消化器内科専門外来

  • 消化器の相談
  • 肝炎
  • 消化器がん(胃がん・大腸がん・膵がん・胆道がん・食道がん 等)
  • 膵胆道疾患(閉塞性黄疸、総胆管結石、膵石 等)
  • 大腸ポリープ、胃ポリープ、消化性潰瘍、食道胃静脈瘤、大腸憩室症、虚血性腸炎、腸閉塞、異物誤嚥 等

炎症性腸疾患(IBD)
専門外来

  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病 等)

検査についてABOUT INSPECTION

胃カメラ検査(上部消化管内視鏡検査)

胃カメラ検査は、細長いスコープ(内視鏡)を麻酔のかかった鼻や口から挿入し、食道や胃・十二指腸を直接観察する事で粘膜の色や凹凸などを見ていきます。異常を発見したらその組織を採取し、病理検査をする事でさまざまな疾患の確定診断につながります。がんの早期発見にも有効です。

胃カメラ検査のみ
1割負担:約2,000円 3割負担:約6,000円
胃カメラ検査+病理組織検査
1割負担:約3,300円 3割負担:約10,000円

大腸カメラ検査(下部消化管内視鏡検査)

大腸カメラ検査は、肛門からスコープ(内視鏡)を挿入して、大腸全体(直腸から盲腸まで)を直接観察していきます。大腸粘膜を詳細に観察できる検査です。当院では、高性能画像解析、AI搭載など最新システムの使用により、微細な早期がんや前がん病変での発見も可能です。

大腸カメラ検査のみ
1割負担:約2,300円 3割負担:約7,000円
大腸カメラ検査+病理組織検査
1割負担:約3,600円 3割負担:約11,000円
  • ※診察料は含まれておりません。
  • ※鎮静剤の利用を希望される場合は別途費用がかかります。
  • ※追加処置が必要な場合は、別途費用がかかります。

受付・診察

内視鏡検査受付時間
  • 午前 / 月~土曜日
  • 8時30分~11時30分
  • (祝日を除く)
消化器内科専門外来診察受付時間
  • 午後 / 金曜
  • 13時45分~15時30分
  • (祝日を除く)
炎症性腸疾患(IBD)専門外来受付時間
  • 午後 / 第3金曜のみ
  • 15時15分~17時30分
  • (祝日を除く)
午前 胃カメラ(大原) 胃カメラ(大原) 胃カメラ(大原) 胃カメラ(小野) 胃カメラ(大原) 胃カメラ(大原) ※1
午後 大腸内視鏡(大原) 大腸内視鏡(大原) 大腸内視鏡(大原) 大腸内視鏡(小野) 大腸内視鏡(大原)
炎症性腸疾患
(IBD)外来(第3のみ) ※2
  • ※1:月1回東海大学派遣医師 ※2:埼玉医科大学派遣医師
  • ※都合により変更となる場合がございます。予めご了承ください。

WEBから予約

消化器内視鏡検査・診察の予約が、インターネットから24時間行えます。

検査予約
胃カメラ
診察予約
消化器内科専門外来
診察予約
炎症性腸疾患(IBD)外来

担当医・スタッフSTAFF

あきる台病院 消化器内視鏡センター長 医学博士 大原 正志

  • 前福島県立医科大学教授、東北大学加齢医学研究所客員教授
  • 日本消化器病学会 専門医・指導医
  • 日本内視鏡学会 専門医・指導医
  • 日本消化管学会胃腸科 認定医・専門医・指導医等

当センターは2023年12月1日より、日本消化器内視鏡学会の指導連携施設として認定を受けました。学会指導施設としてJED (Japan endoscopy database)プロジェクトにも参加し、がん研有明病院や国立がん研究センターと診療連携を行っています。

最新機器の導入と、経験豊富な医師による手技で、患者様の負担を最小限に、消化器内視鏡による検査・治療を行ってまいります。

地域の皆様の健康を、消化器内視鏡を通じて支えるお手伝いを心がけます。

医学博士・名誉院長 伊藤 正秀

  • 日本内視鏡学会専門医、名誉指導医

医学博士(東京医科大学) 小野 圭一(非常勤医師)

  • 日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本肝臓病学会専門医・指導医

医学博士 非常勤医師
(埼玉医大派遣医師)

  • 日本消化器病学会専門医、日本内視鏡学会指導医、日本消化管学会胃腸科専門医、日本内科学会認定医/指導医、日本内科学会総合内科専門医

医学博士 非常勤医師
(東海大学病院派遣医師)

  • 日本消化器病学会指導医、日本内視鏡学会指導医、日本消化管学会胃腸科指導医専門医、日本内科学会総合内科専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医

看護師

  • 消化器内視鏡技師5名在中